記事詳細

【Youtuberスーツの旅行記】東海汽船・さるびあ丸の最終運航に乗船

 6月25日からの八丈島行きの航海を最後に、東京と伊豆諸島を28年間結んできた大型客船、さるびあ丸(2代目)が引退しました。また、同日より新型船、3代目さるびあ丸の運航が始まりました。その記念すべき日に私は東海汽船さんにご招待いただき、思い出深い船、2代目さるびあ丸の最終運航の様子を取材することができましたので、この場で紹介させていただきます。

 6月25日だけは、新型さるびあ丸と旧型さるびあ丸が2隻同時に出港することになっていました。22時半に出発。新型船はあっという間に離岸しましたが、こちらはゆっくりと離れていきます。性能の大きな差を感じました。白い船は新型さるびあ丸で、オリンピックエンブレムを手掛けた野老朝雄さんのデザイン。黄色い船は2014年より就航している姉妹船の橘丸です。これからの大型船はこの2隻体制ということになります。

同時出港 同時出港

 2隻の船はレインボーブリッジの辺りで離れ、遠方に向かう本船は速力を上げていきます。深夜0時前、出会った船マニアの方たちとおしゃべりしていると、事務員さんが来て夜光虫が見えることを知らせてくれました。赤潮の原因となる夜光虫ですが、夜は青く光り美しいものです。

夜光虫 夜光虫

 翌朝は三宅島→御蔵島→八丈島の順に止まり、八丈島で折り返した後にまた東京へ戻ります。三宅島の到着は5時。この日は3つある港のうち、三池港に着きました。数日前に来島自粛要請を解除した三宅島では、多くの人が降りました。また、最後のさるびあ丸を楽しむために、何人か三宅島の人が乗り込んでくるのも見えました。

三宅島 三宅島

 続く島は御蔵島です。この日は風の具合が悪く、接岸はかなり難しそうでしたが、甲板員さんが巧みにロープを投げて、見事接岸を成功させました。甲板では拍手が響きました。

御蔵島での接岸 御蔵島での接岸

 御蔵島を出てからの眺めは素晴らしく、海辺に落ちていく滝を階上から何本も見ました。この島は全方位が断崖絶壁という厳しい地形で、それゆえ船をつけるのがかなり難しいのですが、その代わり景色は一流です。

海辺に落ちていく滝 海辺に落ちていく滝

 御蔵島で接岸に時間を要したことから、船は遅れて八丈島に到着しました。この島で折り返し、東京へ向けて最後の航海となります。お別れの式典が開かれ、八丈町の方たちはさるびあ丸の船長さん・機関長さん・事務長さんに花束を渡しました。この花や花束にかけられたリボン、包装紙のどれかは、さるびあ丸の運んできたものだったかもしれません。

八丈島でのお別れの式典 八丈島でのお別れの式典

 出港のときは取材の特権ということで、操舵室に入れていただきました。港の盛大な見送りのほか、ちょうど工事の関係で東京からやってきたタグボートも2隻おり「ご安航を祈る」の旗を出して、乗組員さんたちが操舵室脇にずらりと並び帽子を振ってくれました。タグボートからの挨拶に、船長さんは手を振って、汽笛で答えていました。

帽子を振ってくれた乗組員さんたち 帽子を振ってくれた乗組員さんたち

 続く御蔵島はどうしても海況が悪く欠航、つまり通過ということになってしまいました。島を見に甲板へ出てみると、高台の急な坂道のところに島の人がたくさん出て見送っており、こちらに向けて大漁旗のようなものを振っている人もいました。島にとって大型客船は、本当にかけがえのない存在なのです。海上にはこの島の名物、オオミズナギドリが舞っています。さるびあ丸は島へお別れの汽笛を3度鳴らして去っていきました。

御蔵島 御蔵島

 三宅島には予定通り、問題なく接岸できました。ここでも退役の記念式典が行われ、八丈島同様に船外最上部に掲げられていた行先表示板が村長さんに手渡されました。三宅島の見送り人の数は相当なものでした。2000年の噴火活動による全島避難の際も、東海汽船はほぼ全島民を運びました。命までもつなぐ船は、島の方にとって大きな関心の対象であるはずです。

三宅島での退役記念式典 三宅島での退役記念式典 三宅島の見送り 三宅島の見送り

 それから東京まで一路180キロ。揺れも少なく順調な航海が続き、最後の航海が終わりました。操舵室で仕事を終えた船長さんに、最後にひとつ質問しました。

「最後のお仕事で、作業中の心持ちに普段との違いはありましたか?」

 回答は予想通りでした。

「いや、いつもと変わらないですね」

 これぞ、プロフェッショナルだと思いました。

竹芝桟橋に到着 竹芝桟橋に到着

※この記事は、以下の動画を元にして書かせて頂きました

 ■スーツ YouTuber、1997年生まれ。2017年に史上最長の鉄道乗車券「最長往復切符」の旅の動画投稿を機に本格的な活動を開始。2018年には初の海外旅行として、鉄道と船だけでヨーロッパへ行き、ついでに世界一周して帰国した。青春18きっぷを使った体力勝負の旅行から、ファーストクラス利用の超豪華旅行まで、様々な種類の動画を投稿している。最近は新型コロナウイルスの関係で、視聴者に近場の旅行を勧めている。地元東京23区内で、感染に注意しながらの旅行を継続中。