記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】開始1カ月で累計感染者数2倍…政府は「GoTo」中止し再対策を (1/2ページ)

 7月22日に新型コロナウイルスの流行によって落ち込んだ観光産業に対する支援対策である「Go To トラベル」がスタートして1カ月が過ぎました。この政策については当初から多くの専門家が感染拡大の懸念があると警告していましたが、この不安が的中していたようで、当初は東京に限定されていた流行が全国に拡大したようです。

 実際に新型コロナウイルスの新規感染者数、重症者数、死者数とすべての数字が急速に増えています。Go To トラベルがはじまった前日の7月21日、全国の新規感染者は632人、死者は1人でしたが、1カ月後の8月21日の新規感染者は1024人、死者は15人に増えました。

 Go To トラベルが開始してからの1カ月で感染者の累計は3万2000人を超えました。第1波の感染者の累計は約1万6600人でしたから、Go To トラベル開始後の累計感染者数は第1波のほぼ2倍というわけです。

関連ニュース