記事詳細

【進化する腸内細菌医療】便を調べるだけ! 大腸がんのステージまで推測・治療可能 (1/2ページ)

 近年、腸内細菌が人間の健康に大きく関わることがわかってきた。多種多様な腸内細菌の集まり(腸内細菌叢=そう)は、そこに存在する腸内細菌の種類やそれらが作り出す代謝物質によって、がんや免疫疾患、生活習慣病などの病気との関係が深い。現在、腸内細菌の検査法や治療法などの研究が大きく躍進している。最新事情を取材した。

 まずは大腸がんから。かねて大腸がんの発症や進行と、腸内細菌叢の関係はいわれてきた。その確固たる証拠を示すような研究論文が、昨年発表されている。

 大腸がんに関わる腸内細菌の種類や、腸内に多く存在する物質(代謝物質)が特定され、病変初期の段階から進行がんに至るまでの病期(ステージ)に、それらがそれぞれ変化することも明らかになったのだ(別項参照)。

 「健康な人と進行した大腸がん患者の腸内細菌叢の違いは、過去に調べられていました。ただ、早期がん患者と進行がん患者の腸内細菌叢の違いは、わかっていませんでした。今回の研究で、新たな検査法や治療法、予防法の開発につながると思っています」

 こう話すのは、東京工業大学生命理工学院生命理工学系准教授、山田拓司氏。

 山田氏は、遺伝子解析と代謝解析による統合解析(バイオインフォマティクス)による腸内環境研究のトップランナーで、大腸がん研究においても世界的に意義のある研究成果をあげている。

関連ニュース