記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】わずか48キロカロリー!水で戻す罪悪感のない麺 「汁なし麺0(ゼロ) 中華醤油」 (2/2ページ)

 今年6月に発売された『汁なし麺0(ゼロ) 中華醤油』(コンビニで税込232円で購入)のカロリーは48キロカロリー。おにぎり1個で、約170キロカロリーですので、かなりの低カロリーです。麺は糖質0グラムで、スープと具材の糖質が4・5グラムです。

 普通のカップ麺は、湯を入れて作りますが、この商品には「お湯禁止 水で5分」と書いてあり驚かされます。水で戻した冷たい麺が食べられるという仕組みです。

 水切りの穴が付いているフタを開けてみると、こんにゃくと寒天でできた乾燥麺と、粉末スープが入っています。作り方は、湯の代わりに水を入れ、5分待ったら蓋についている穴から水切りをして、粉末スープを混ぜるという、カップ焼きそば的なやり方。

 食べてみるとツルツルとした喉越しの麺が、しょうゆ味のタレに絡んで、ついつい食べ進んでしまいます。追加のトッピングとして、シャキシャキの大根サラダや納豆を加えても合います。

 キンキンにするなら、水と一緒に氷を加えても良いでしょう。夏場、冷たい麺が食べたいなというときに、「太ってしまう」という罪悪感のないおいしさです。湯を沸かす手間も不要で、ちょっとした間食にも良いかもしれません。

 ■浅野まみこ(あさの・まみこ) 1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に「『コンビニ食・外食』で健康になる方法」(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。

関連ニュース