記事詳細

【ベストセラー健康法】1回1分腰痛で悩むすべての人に! 日常の空いた時間に気軽にできる“ちょいトレ” (1/2ページ)

 『腰痛はヤンキー座りで治る』、『1日半分のアボカドでひざの痛みはラクになる』などの著書で知られる戸田佳孝医師。今回は、戸田医師の最新刊『1回1分腰痛が消えるちょいトレ』(三笠書房知的生きかた文庫)を紹介する。

 

 テレビの健康番組でもおなじみで、「手術を極力避ける整形外科医」としても有名な戸田医師。

 「整形外科の疾患は、上手に治療をしていけば手術は避けられるもの」という理念のもと、工夫を凝らした患者目線の治療を実践する“赤ひげ先生”だ。

 いわゆるコロナ禍で在宅時間が増え、「座って過ごす時間」が増えている人は多いが、これによって骨盤を動かす機会が減り、結果として腰痛を引き起こすリスクが高まる。

 ただでさえ日本人にとっては、4人に1人がかかえる“国民病”とされる腰痛。何とか打開しなければ-と、著者は立ち上がった。

 1日の中でわずかな時間でいいから取り組んでほしいトレーニング、しかもジムに行かなければできないような本格的なエクササイズではなく、日常の中で、ちょっと空いた時間に気軽にできる“ちょいトレ”を実践することで、腰痛を引き起こしている悪循環を断ち切ることを目的とした取り組みを紹介している。たとえばこんなトレーニングだ。

 【和式トイレ座りストレッチ】

 (1)両足を肩幅に開いて立ち、ひざと股関節をしっかり曲げて、お尻を落としてしゃがみ込む。この時に太ももの裏側とふくらはぎが密着するようにする

 (2)腰が伸びるように頭を少し前に傾けて前かがみになる。腰や背中をグーっと伸ばして10秒キープ

 (3)ウエストのくびれライン上にある背骨から、お尻の割れ目の際までを、グーにした両手で圧迫しながら20回さすり下ろす

 これを1日5セット行うことで、外出が困難、腰痛で横になっていることが多い、階段の昇り降りがつらいなどの症状を持つ人に効果があるという。

関連ニュース