記事詳細

【グルメ東西自慢】芸能人が楽屋の出前に選ぶ店 「しなの路 帝劇店」 見逃せない鮮魚のお造り 大阪・難波「スタンド ツマミグイ」 (1/2ページ)

 1911年、日本初の洋式劇場として開場した帝国劇場のビルB2Fにあって、名だたる芸能人たちが楽屋の出前に選ぶ店と知られるのがこちら。朝挽きオリジナルブレンドのそば粉を使った挽きたて、打ちたて、茹でたてのソバが自慢のソバ屋。

 コロナ禍の今はランチとテークアウトに力を入れている中で、おすすめは「しなの路そば」(1100円)と「天せいろ」(1000円)。なめこおろし、天ぷら、盛りの三種をそばつゆとゴマだれでいただく「しなの路そば」はボリュームも食べ応えも申し分なし。天ぷらが6種もつく「天せいろ」ともども、この内容でこの価格は納得の満足感だ。今なら水曜と金曜はそばの大盛り無料!

 そして夜は居酒屋メニューを多数そろえ、飲み屋としての利用も可。「大盛り揚げ蕎麦」(390円)をつまみながら、ここへ来たらぜひ頼みたいのが、厚切りの「ハムカツ」(520円)。

 こだわりの「奥入瀬卵の出汁巻き玉子」(490円)は鰹だしとの相性抜群! 「天ぷら盛合わせ」(900円)もさすがのうまさでビールが進む。ビールといえば、こちらの生ビールはメンテナンスがしっかりしていてどこよりもうまいと、メーカーの人が言ってたから間違いない。 (価格は昼は内税、夜は外税)

 ■東京都千代田区丸の内3の1の1帝劇ビルB2 03・3212・0030 営業11~15 17~21。土日祝休。

関連ニュース