記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】マスクによる肌トラブル、胃腸の働き整え体内から改善! おすすめはタマネギ、ワカメ、オクラ、ルッコラなど (2/2ページ)

 一方、長期的なステイホームやリモートワークで、時間に関係なく好きなものを食べられる環境から、偏食になる人が増えています。

 甘いもの、アルコール、小麦製品、高脂肪食品などを摂りすぎて、体に炎症を起こすことがあります。こうした食生活の乱れも、肌トラブルを起こす原因となることがあります。

 コロナウイルス対策として自粛生活を送った結果、肌トラブルで悩む人は、まず炎症を起こす食材を控えつつ、お肌を整える食薬生活を考えましょう。

 ■肌トラブル対策におすすめの食薬

 肌トラブルを感じるときは、直接患部に外用薬を使うだけではなく、体の中から改善していくことが大切です。

 その方法とは、「胃腸の働きを整える」ことです。肌トラブルを軽減するための早道です。特に腸の状態は、肌の状態に反映されるとも言われています。

 おすすめの食薬は、食物繊維とファイトケミカルを多く含み、腸の働きを助けるキャベツ。そして、ワカメ、オクラ、昆布、ルッコラ、タマネギ、セロリ、もずくなどです。

 メーンのおかずが何であっても、サラダやみそ汁、小鉢として毎日、活用しやすい食材ばかりです。ぜひ、マスクでフェイスラインが荒れている人は、これらの食材を取り入れてくださいね。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ。秋田県出身。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著に『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)。おうちで薬膳を手軽に楽しめる「あいかこまち」シリーズ発売中(https://aika-inc.co.jp/)。

関連ニュース