記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】野菜習慣を取り入れる便利アイテム 「ガーリック風味 アンチョビキャベツの素」 (2/2ページ)

 そこで野菜をたっぷりと食べるためのアイテムを、セブン‐イレブンで発見しました。『ガーリック風味 アンチョビキャベツの素』(税込116円で購入)です。これは『7プレミアム 千切りキャベツ』(税込108円、1袋150グラム)などのカット野菜を食べるための液体ドレッシングです。

 千切りキャベツ2分の1袋に、この商品1パックを入れよくあえます。ガーリックと卵黄のコク、アンチョビが良い感じに混ざり、少しおしゃれなサラダを食べているような感じになります。黒コショウをかけるとさらに本格的です。

 千切りキャベツをしっかりと味わいながら食べれば、ベジファーストが簡単にできます。「同時にミートファーストも」と、サラダチキンや魚肉ソーセージなどを加えてはいかがでしょうか。キャベツ1袋に対して、キャベツの素1パック。そして魚肉ソーセージ1本、または、サラダチキンなら2分の1ぐらいが、ちょうど良く感じます。「ミート」ではありませんが煮卵やゆで卵を崩して入れてもいいでしょう。味のついた素材を足すのなら、キャベツの素1パックにキャベツ1袋で味のバランスは取れるはずです。

 皿に出すのが面倒くさい時は、キャベツの袋にフォークで崩した卵を入れたり、手で裂いたサラダチキンを入れ、キャベツの素を回しかけ、袋の中で混ぜて、そのまま豪快に食べましょう。

 ベジファースト、ミートファースト同時進行で、食欲の秋本番に向けて体調を整えていきましょう。

 ■浅野まみこ(あさの・まみこ) 1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に「『コンビニ食・外食』で健康になる方法」(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。

関連ニュース