記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】ビタミンDと食物繊維が豊富! 抗酸化・抗糖化作用のあるマイタケで免疫力アップ (2/2ページ)

 ■免疫力を強化する食薬とは

 免疫機能を維持するために必要なポイントがあります。

 〔1〕食べものとしてビタミンDをとりいれること

 〔2〕腸内環境を整える食材をとりいれること

 〔3〕抗酸化作用・抗糖化作用のある食材をとりいれること-が重要です。

 そして、避けなければならないのが「体の酸化」「糖化」「冷え」「腸内環境を悪化させる食材」です。

 食事以外にも日光によって合し成されるビタミンDは、外出が減ることで合成力が低下します。家の中で保存がきく甘いもの、レトルトや冷凍食品は、体の糖化、酸化、腸内環境の悪化につながります。

 こうした対策として、たくさん食べてほしいのがキノコ類です。ビタミンD、食物繊維を多く含み、抗酸化作用・抗糖化作用も期待できます。

 シイタケ、シメジ、キクラゲのほか、とくにマイタケがおすすめです。味噌汁、副菜、炊き込みごはんなどいつものメニューにキノコ類をプラスしてみましょう。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ。秋田県出身。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。近著に『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)。おうちで薬膳を手軽に楽しめる「あいかこまち」シリーズ発売中(https://aika-inc.co.jp/)。

関連ニュース