記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】高齢者歯科の黎明期から取り組む 日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック院長・菊谷武さん (2/2ページ)

 菊谷院長の挑戦に、日本はもちろん世界中の同業者が注目している。失敗は許されない。

 「プレッシャーは感じるけれど、後戻りはできない。覚悟は決まりましたよ」と語る菊谷院長。訥々とした語り口だが、その表情は明るかった。(長田昭二)

 ■菊谷武(きくたに・たけし) 1963年東京都生まれ。88年、日本歯科大学歯学部卒業。同大歯学部附属病院高齢者歯科診療科入局。2000年、同院口腔介護・リハビリテーションセンター長。同大准教授を経て10年、同大歯学部附属病院教授。同大学院生命科学研究科臨床口腔機能学教授。11年から東京医科大学兼任教授。12年から現職。日本老年歯科医学会と日本摂食・嚥下リハビリテーション学会、日本臨床倫理学会の理事・評議員。趣味は登山とアウトドア。

関連ニュース