記事詳細

【マンガ探偵局がゆく】アメリカのファンが探す雑誌は… つげ義春のために創刊された「COMICばく」 (1/2ページ)

 当探偵局もいささか国際的になったのかな、と思わせてくれる依頼が来た。

 「アメリカにいる友人から『探してくれ』とメールで頼まれた雑誌のことで相談です。友人はステイホーム中に、初めてつげ義春さんのマンガを英語版で読んでファンになったそうです。つげ作品の“わびさび”みたいなものがいい、とメールには書いてありました。そんな彼が探しているのは、つげさんのために創刊されたという雑誌なのです。古書店で見つけたら買って送って欲しいというのですが、わたしはあまりマンガには詳しくないので見当がつきません。簡単に古書店で見つかるものでしょうか?」(34歳・ピアノ教師)

 つげ義春作品のファンは今や世界中に広がっている。アメリカとフランスでは新たに翻訳版全集の刊行が始まり、フランスで開催されるヨーロッパ最大のマンガイベント、アングレーム国際マンガ祭では今年、つげに特別栄誉賞が贈られ、記念の作品展が開催されたほか、表立った場所にはほとんど姿を現さないつげ本人が授賞式に登場してスタンディングオベーションに迎えられた。

 さて、依頼人のお友達が探しているのは、1984年から87年まで、日本文芸社が全15号を発行した季刊雑誌「COMICばく」のことだろう。

関連ニュース