記事詳細

見てビックリ、食べて満足「こだわりの逸品」 「町中華で飲ろうぜ 点心SP編」9月19日(土)夜11時30分BS-TBS (1/2ページ)

 酒が飲めてツマミもうまい、気取りのない昭和な町中華の店を、町飲み大好きな玉ちゃんこと玉袋筋太郎と女性タレントが巡る「町中華で飲ろうぜ」。今回の放送は、どこの町中華にも必ずある定番の点心、餃子・焼売・春巻の中でも特に店主のこだわりが感じられる、えりすぐりの逸品qを紹介する「点心SP」だ。

 まずは点心の横綱・餃子から。玉ちゃんが驚きの餃子と遭遇したのは荒川区町屋の「中華喫茶 川ばた」。玉ちゃんが何にビックリしたのかというと、その大きさだった。餃子は5個セットと3個セットの2種類。「1人で回っていると5個は食べられないんだよね」と玉ちゃんはあえて3個セットを頼んだのに、出てきたのは1個がスマホサイズという食べ応え十分のジャンボ餃子。

 具材はキャベツ、白菜、ニラ、ニンニクなど野菜がたっぷり。細かく刻むことで野菜の甘みを出し、砂糖とオイスターソースでコクを加えるのが「川ばた」のこだわりとか。「うまいよ、これ」。玉ちゃんもその味には大満足だ。

関連ニュース