記事詳細

【ベストセラー健康法】コロナによる心身のダメージからどう回復するか 『図解新型コロナウイルス メンタルヘルス対策』 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスは収束の気配が見えない。「冬になったらどうなるのか」と考えて不安が増したり、生活が変わったことによるストレスでイライラして、家族や職場での人間関係が悪化したりしていないだろうか。そんな人にオススメの1冊を紹介する。

 今回紹介するのは『図解新型コロナウイルス メンタルヘルス対策』(エクスナレッジ)。著者で内科医の亀田高志氏は、産業医として働く人のメンタルヘルスに関する相談や、職場での対策支援などを行ってきた職場の健康管理のスペシャリスト。働く人とその家族の目線でコロナによるストレスへの対処法について解説している。

 本書の中では、「レジリエンス」という考え方が紹介されている。近年、コロナだけでなく、自然災害によって生活基盤と心身にダメージを受ける人が増えている。これらの危機によるダメージから立ち直ろうとする回復力を、「レジリエンス」と呼ぶそうだ。

 レジリエンスを強化するためのポイントとして、著者は「自分自身の心持ちを変えていく」「言葉や行動を改善していく」「身近な人との交流を考え直していく」「適切な情報を選び、専門家を含む資源を上手に活用する」の4つを挙げる。

関連ニュース