記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】水溶性食物繊維で腸内環境を改善! エースコック『すこやか和膳 もち麦めん 鶏だし・柚子胡椒』 (1/2ページ)

 今年は、体重増加した人が多数いるようです。原因は在宅ワークで通勤がなくなり、活動量が減ったこと。これに加え、外出自粛によって運動量が減り、食事やアルコールなどのカロリー摂取が増えていることなどがあげられます。

 バランスの良い食生活を意識したいところですが、そのためには、何がカラダに良くて、何が良くないのかを知らなければなりません。ところが、体重増加を防ぐ能力や、食生活を改善する能力の、個人差が大きくなっているようなのです。

 この原因の1つには、在宅ワークにより、コミュニケーションが限られてしまったことがあります。今までなら同僚がランチに何を食べているか、週に何回くらい飲みに行っているか、どうやって時間を作って運動しているかなどの情報は自然に知ることができました。そして、同僚の動きによってランチに食べる物が影響されたり、流行の健康情報を知ることもできたわけです。

 ところが在宅ワークなど、コミュニケーションが少ない状態での食生活は、自分の嗜好に偏ってしまいがちです。つまりは食生活の乱れ方にも差が出てくるわけです。

 健康意識の高い人は、体重管理をするために食生活を改善したり、免疫力を高める栄養素を積極的に摂取していますが、健康意識の低い人は、どんどんと食べるものが偏っていきます。食生活の偏りは、コレステロール上昇、血糖値の乱高下、さらには肥満をもたらし、生活習慣病へとつながってしまいます。

関連ニュース