記事詳細

【大人のお取り寄せ】漁師に伝わる船上のまかない料理を再現 がんこ漁師の熱めし(大分)

 豊後水道沿いの大分県最南端の町・蒲江の定置網や養殖の漁師集団が、朝獲れの活きのいい鮮魚で水産加工品を作って届けようと結成した“かまえ直送活き粋船団”。その通販で人気なのが「がんこ漁師の熱めし」だ。

 もともと、漁師に伝わる船上のまかない料理。冷蔵庫のない時代、海の上で刺し身を作って残ったら醤油タレに漬け込んでいた保存食を、豊後水道の“豊の活ぶり”の切り身でぜいたくに再現した。

 九州のぶりは9月から4月頃までと旬の時期が長く、安定したおいしさが特徴。新鮮なぶりと甘辛い秘伝のタレは、アツアツのご飯と相性抜群。「はじめの半分はそのままで。残りの半分はお茶やだしでお茶漬けに。ネギやノリなどの薬味を入れるとよりおいしくいただけます」(同社)

 1箱4人前(120グラム×2パック入り)1350円(税込)。送料別。

 【問い合わせ】 かまえ直送活き粋船団 0972・43・3515

 大分県佐伯市蒲江大字西野浦1637の3

 https://www.ikiiki-saiki.jp

関連ニュース