記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】十勝でもレアなのに…? 貴重な「ホルジン」提供店を神田で発見 (2/2ページ)

 しかし生産者直営のこの店では牛の素性は明らか、鮮度も折り紙つき。牛ホルモンのホルジン、望むところである。

 目の前でガス火にかけられたホルジンは、クツクツという音とともに、肉に火が入ってくるとホルモンから水分が出てくる。

 そうそう。これがホルジンだ。その水分と味噌ダレをていねいに煮詰めながら、ホルモンの脂を溶かして煮汁を仕上げていく。

 味噌ダレが凝縮された質感になって、テラっと脂をまとったら仕上がり間近。一味唐辛子を振って完成である。

 プルプルと震えるホルモンを一切れつまんで口に運ぶ。

 「んー!」と声にならない声が体内にこだまする。

 世界よ! これが十勝のホルジンだ!

 ■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「東京最高のレストラン」(ぴあ刊)審査員。

関連ニュース