記事詳細

【S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き】上野動物園 事前予約して「シャンシャン」に会いに行こう (1/2ページ)

 今月1日からシルバーパスが来年9月末までの新しいパスに切り替わった。今回は買い求める人が駅に殺到して行列を作るのを避けるために、事前に振込用紙を郵送してきた。コンビニで振り込むと9月中に新しいパスが送られてきた。

 そして、10月1日は都民の日でもある。東京都が運営するさまざまな施設が入場無料になるので上野動物園に行って、ジャイアントパンダを見ようと思った。

 コロナ禍のご時世なので事前予約が必要。上野動物園の場合、前週土曜日の午前9時からホームページ上の予約サイトで翌週の予約を受け付けている。ためしに9時過ぎにアクセスすると、1日の午後3時の組に予約が入れられた。

 当日、都営三田線に乗った。春日で大江戸線に乗り換え上野御徒町下車。広小路をJR上野駅まで歩いて、公園口の改札前に出る。駅と駅前のあまりの様変わりに戸惑いながら、動物園に到着。予約の組の行列に並ぶ。時間になると、意外にスムーズにQRコードで予約を確認してもらい中に入れた。

 真っ先にお目当ての東園のパンダ舎に向かう。列を作って進んでいると、ほどなく目の前にシャンシャンが現れた。3歳になったシャンシャンが両足を投げ出して両手で竹ササを持ち、むしゃむしゃ食べている。愛らしい姿をとらえるシャッターチャンスだったが、撮影禁止なのが残念無念だった。

 次に、西園にできたばかりのパンダのもりに向かう。ここにはシャンシャンの両親・リーリーとシンシンがいる。こちらは少し行列が長かったが、それでも思ったほど時間はかからず、シンシンの前に。残念ながら終始こちらにお尻を向けていたので表情はわからなかった。リーリーはすでに引っ込んでしまっていたので会えなかった。

関連ニュース