記事詳細

【食と健康 ホントの話】失明のリスクがある「強度近視」 クロセチン摂取で進行を抑制 (1/2ページ)

 世界人口の約3分の1を占める近視。30年後の2050年には全人口の約半数が近視になり、失明のリスクがある「強度近視」は約10%に達すると推測されている。日本でも中学生の約95%が近視で、40歳以上の強度近視の割合が5%と推定されている。

 近視の程度が強い強度近視は、網膜剥離や緑内障、近視性黄斑症など、失明につながりうる眼疾患になるリスクが高いことがわかっている。

 正常な眼球の前後方向の長さ(眼軸長)は約24ミリメートルだが、近視はそれより長くなっていることが多く、強度近視は26ミリメートルを超える。眼軸長が長くなってしまったことで、網膜上に焦点が合わず、網膜の手前に焦点が結ばれてしまうのだ。

 眼軸長が延びる原因は、成長によるもの以外もいくつかある。その中の一つに「調節ラグ」と「軸外収差」によるものがある。ヒトは産まれたときは眼軸長が短め、つまり焦点が網膜の後ろに合う、遠視の状態で産まれてくる。成長し目をよく使うようになると、網膜の後ろに合っていた焦点を網膜上に合わせるために、角膜・水晶体の屈折を変化させ、眼軸長が伸びるようになっている。

 近くのものを見るとき、水晶体が厚みを変えて、光の屈折を調節し焦点を網膜に合わせようとする。その調節が不十分だと、焦点が網膜の後方になってしまう。これを「調節ラグ」という。また、眼鏡やコンタクトレンズを使っていると、網膜上に焦点は合う。しかし実は、網膜の中心(中心窩)には合っているが、その周辺(黄斑部)では合っておらず、焦点が後方にある。これを「軸外収差」という。

関連ニュース