記事詳細

【人生100年時代 これから、どうする】高まる「おひとりさま」リスク、今から備えを!! 高齢世代の独居者からの相談増える「見守りサービス」 (1/2ページ)

 筆者は、老人ホーム、それも自立型といわれる元気なうちから入居して、万が一介護状態になっても終身その施設で面倒をみてくれる老人ホームを取材することが多いが、実際に入居している高齢世代の方々が異口同音におっしゃることが2つある。

 1つが、「夫婦2人で暮らしていても、同時に亡くなることはない。だから1人になることに備えなければならない」というもの。そして、もう1つが「70歳になったタイミングとか、ある一定の年齢にならないと気づかないことがある」というもの。

 この「ある年齢にならないと気づかないもの」というのは、以前筆者の会社で開催していたイベント「オヤノコト・エキスポ」の諮問委員でもあった俳優の故・津川雅彦さんも似たようなことをおっしゃっていた。

 つまり、若いときには絶対に考えないようなことを、齢を重ねると考えるようになる、あるいは考えるタイミングがあるということだろう。

 確かに、30~40代くらいなら、「夫婦が同時に亡くなることはないから備えよう」とはあまり考えることもないだろうが、年齢を重ねるとより現実味を帯びて思考の中に入ってくるということは分からなくもない。

 まさに、齢を重ねた後の「おひとりさま」問題はさまざまある。

 孤独死の問題もそうだが、室内での転倒事故、ヒートショック、押し売り。押し買いなどの詐欺まがいの訪問に対する備えなど、高齢者の独り暮らしのリスクについてはこの先の日本でさらに大きな課題になるだろう。

 そういうことを予測してか、ここ最近ではさまざまな企業が「見守りサービス」を展開している。

関連ニュース