記事詳細

【ベストセラー健康法】意志が弱い人のための挫折しないダイエット法 『欲望のままに生きるのをやめたら、2ヶ月で12kgやせてました』 (1/2ページ)

 雑誌でもテレビでも、「ダイエット」という文字を見ない日はない。なぜか-。それは、誰もがダイエットに挑戦しても失敗に終わることが大半だからだ。知識やテクニックに頼るとダイエットは成功しない。大切なのは今回ご紹介する著書のような「意識改革」である。

 困難なことに挑んでいるとき、悪魔は色々なことを耳元でささやく。

 「いままで頑張ってきたんだから、今日くらいラクしよう」「ちょっとくらい休んだって、すぐに取り戻せるよ」…。

 堕落の坂を転がり落ちないように、どうすればいいのか。

 『欲望のままに生きるのをやめたら、2ヶ月で12kgやせてました』(市川ヒロシ著、集英社刊)は、タイトルの通りユニークだ。

 「グルメ漫画家として欲望のままに飲み食いしていたら、まさかの100キログラムに? 酒も油も炭水化物も大好き42歳中年世代、と悪条件満載の著者が、2カ月で12キログラムの減量に成功するまでの紆余曲折を本当にリアルに描いています」と語るのは、編集を担当した集英社ノンフィクション編集部の志沢直子編集長。

 ジムに入会してパーソナルトレーナーの指導を受ければ、それなりに痩せるのだろう…。

 そこで、読者の代わりに著者が入会するが、やることと言えば、一般的な糖質制限ダイエットと週2回の筋トレ、そこに目新しさはない。この本の最大の売りは、挫折しかかったときの具体的な克服法なのだ。

関連ニュース