記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】コロナ対応で英誌が各国を「格付け」 日本は下から8番目、米が最下位 (1/2ページ)

 日本はこの10年間で4人の科学者がノーベル医学生理学賞を受賞しています。これはアメリカに次いで2番目に多い数字です。その日本が新型コロナウイルスの対策について信じられない評価を受けています。

 イギリスのエコノミスト誌の電子版は、世界24カ国の政府が新型コロナウイルスに対して科学的な対応をとったかということについてランキングを紹介しました。そのランキングで日本は下から8番目の17位だったのです。

 この記事はスイスの科学ジャーナル出版社の「フロンティア」が今年の4月から6月にかけて、全世界の2万5000人の科学者を対象に各国のコロナ対策に満足しているかどうかチェックしたものを参考にしたものです。

 トップはいち早くコロナウイルスの封じ込めに成功したニュージーランドです。コロナ対策にリーダーシップを発揮したニュージーランドのアーダーン首相は10月の総選挙で圧勝しています。

 最下位の24位はトランプ大統領が「コロナは怖くない」という主張を繰り返した結果、感染者が1200万人を超え、死者も26万人を超えたアメリカです。このアメリカにブラジルとイギリスがワースト3となっています。

 日本のランクはアメリカに次いで感染者が多いインドや100万人以上の感染者を出しているイタリアの後塵(こうじん)を拝しています。

関連ニュース