記事詳細

「キリン一番搾り 糖質ゼロ(※1)」が驚異の売り上げ ビールのおいしさで大人気

(提供:キリンビール)

 日本で初めて(※2)糖質ゼロを実現したビール「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が驚異の売り上げを記録しています。一番搾り製法がもたらすビール本来のおいしさと糖質への配慮を両立し、幅広い層の支持を獲得。10月の発売からわずか1カ月で年間販売目標の8割を達成しました。11月には目標を上方修正し、“飲む”機会の増える年末年始に向け勢いが加速しています。

(※1)食品表示基準による

(※2) ビールで糖質ゼロを実現した国内で初めての商品(Mintel GNPDを用いたキリンビール調べ)

年間販売目標を3割引き上げ

 「糖質ゼロとは思えないおいしさ!!」

 「本当においしくて飲みやすかったです。」

 「ビールが好きだけど、糖質が気になる。そんな私にぴったり」

 「一番搾り 糖質ゼロ」の発売以降、ツイッターには味わいへの評価や、糖質を気にせずに飲める喜びの声があふれています。キリンビールによると、約1カ月で関連する投稿は2万3000件以上。反響の大きさを反映し、販売量は100万ケース(キリンビール出荷実績/1ケースは633ミリリットル20本の大瓶換算)に達し、年間目標を従来の120万ケースから160万ケースと約3割も引き上げました。

 布施孝之社長が「“こういう商品を待っていた”との声を頂いた」と手応えを語る通り潜在ニーズをとらえ、長く停滞が続いてきたビール市場で異例の快進撃を続けています。

 背景には節約志向や嗜好(しこう)の多様化に加え、健康への意識の高まりがあります。

 キリンが2020年に実施した消費者調査によると、ビールを飲む量が減った人の理由として「値段が高い」の次に「太りそう」が挙がりました。また、ビールに代わって飲んでいる商品は、「缶チューハイ・カクテル」が30.2%を占めてトップ。缶チューハイなどは糖質やプリン体を含まないことをアピールする商品が多く、ビール離れを後押ししているとみられます。

開発期間5年、ビールのおいしさを追求

 これに対し、キリンは糖質ゼロのビールを開発するという真っ向勝負に出ました。担当したキリンホールディングス飲料未来研究所の廣政あい子さんは「もっと気兼ねなく飲めるおいしいビールをつくりたいと考えた」と語ります。

 15年春に糖質を限りなくゼロにする社内プロジェクトをスタート。しかし、糖質はビールの主原料である麦芽に含まれるうえ、おいしさやアルコールをつくる過程で重要な役割を果たすもの。麦芽の比率が低い発泡酒や新ジャンルに比べて、ゼロに近付けるハードルははるかに高いものでした。

 このため廣政さんら開発チームは原材料、仕込み、発酵、生産のすべての工程を“ゼロ”から見直し。通常、試験醸造は数十回程度であるのに対し、350回以上の試行錯誤を重ね、開発期間は5年に及びました。結果、糖質を減らしやすい麦芽を選んだうえで、仕込みで最大限に分解し、発酵で活発な酵母が食べきるという新たな製法を編み出したのです。

「一番搾り 糖質ゼロ」の技術開発を担当した廣政あい子さん。きっかけは育休中にパパ友から聞いた「糖質も気になるから、(ビールは)最初の一杯だけ」という言葉だったという 「一番搾り 糖質ゼロ」の技術開発を担当した廣政あい子さん。きっかけは育休中にパパ友から聞いた「糖質も気になるから、(ビールは)最初の一杯だけ」という言葉だったという

 もちろん、おいしさを追求する姿勢は糖質ゼロでも貫かれています。糖質オフ・ゼロ系のビール類は糖質などがカットされている分、味わいに物足りなさを感じることも。しかし、一番搾りのブランド名を冠している通り、麦汁をろ過する工程で最初に流れる一番搾り麦汁のみを贅沢(ぜいたく)に使って製造。試験醸造のうち60回以上を味わいの追求に費やし、ビール好きも満足する雑味のない澄んだ麦のうまみを引き出しています。

 実際に晩酌を生きがいの一つとする記者は飲んでみて、おいしさに驚きました。糖質ゼロとは思えないほど、麦のうまみなどビールの醍醐味が凝縮。それでいて飲みやすい味わいで、食事との相性が抜群でした。キリンの調査では回答者の94%(n=32)がおいしさを評価したというのも納得がいきます。

 山形光晴常務執行役員マーケティング部長は「ビールから離れていってしまった顧客を取り戻し、新たな魅力を感じてもらえる可能性を十分持ち合わせている」と胸を張ります。

 実際、市場環境の変化を適切にとらえています。今春以降の外出自粛の影響で健康志向に拍車がかかっているうえ、10月の酒税改正でビールは減税で値下げ。同月の大手4社の販売動向は、増税となった新ジャンルが落ち込んだのに対し、ビールは前年同月比2%増(※3)と伸長しました。市場の追い風に加え、情報誌「日経トレンディ」などが発表した2021年ヒット予測100選にも入り「一番搾り 糖質ゼロ」の勢いに弾みが付いています。来年のビール市場でもさらなる伸長が予想される大注目のビールです。

 年末年始は親族や友人、同僚ら会えないからこそ大切さを感じた“あの人”に思いをはせる時季。その存在を感じながら「一番搾り 糖質ゼロ」を気ままに楽しんではいかがでしょうか。

(※3)SankeiBiz(https://www.sankeibiz.jp/business/news/201112/bsm2011121432005-n1.htm)

STOP!20歳未満飲酒・飲酒運転