記事詳細

【“コロナ医療崩壊”の実情】インフルエンザは激減、自殺者と認知症は激増 コロナ禍は社会でもっとも弱い者を直撃する (1/3ページ)

 例年なら、この時期の病院は、インフルエンザの患者さんでいっぱいです。しかし、今年はインフルエンザの患者さんがほとんどいません。

 厚生労働省は毎週、全国のインフルエンザ患者数を公表しています。それによると8月31日~11月29日の13週間の患者数は、たった263人。昨年同期は9万8279人でしたから、驚くべき低さです。昨年比で、なんと99・7%減。こんなことは、過去ありませんでした。

 言われ出したのが、「ウイルス干渉」です。ある細胞がウイルスに感染すると、その周りの細胞もウイルスに感染しにくくなるという仮説で、こうして感染しにくい人が増えると、集団レベルで感染が抑えられるというのです。しかし、欧米諸国に比べて圧倒的に感染者数が少ない日本で、新型コロナがインフルエンザを駆逐できるかは疑問です。

 そこで、もっとも妥当と思われる理由は、コロナ禍により、人々の濃厚接触が減り、さらにマスク着用や手洗い・消毒が習慣化したことです。また、毎年、インフルエンザの流行型は、海外から入ってくることが多いのですが、今年は、海外交流がほとんどありません。しかも今年は、ワクチン不足が発生するほど接種希望者が増え、例年なら接種しなかった人までインフルエンザワクチンの接種をしています。

関連ニュース