記事詳細

【唾液とAI解析でがん超早期発見】唾液検査「サリバチェッカー」がふるさと納税の対象に 自治体挙げて検査普及を後押し (1/2ページ)

 唾液検査「サリバチェッカー」は5種類のがんを対象に、画像検査にはまだ写らないような超早期のがんのリスクを発見をすることを目指すが、それにとどまらない例もあるようだ。

 同検査を運営する「サリバテック」の砂村眞琴代表は、「進行がんや遠隔転移しているがんの発見につながることがあります」と明かす。

 関東地方の医療機関で唾液検査を受けた女性もその一人。この検査をきっかけに原発(元のがん)の乳がんが見つかり、さらに直腸にも遠隔転移していたという。

 乳がん検診の国の指針では40歳以上を対象に、問診とマンモグラフィー検査(乳房X線撮影検査)を推奨している。ただし乳房を機器で強くはさむマンモグラフィー検査はその痛さから被検者には不評とされる。また日本人にはデンスブレスト(高密度乳房)の人が比較的多く、マンモグラフィー検査ではがんを発見できないケースもあるという。

 こうした状況もあり、わが国の乳がん検診率は欧米に比べて低い水準にある。前述の乳がんの女性は乳がん検診を受けていたのか、それとも受けていなかったかは不明だ。しかし、唾液検査でがん発見につながり、転移があっても治療ができると考えれば、前を向けることだろう。

 この女性のように唾液検査をきっかけにがんが見つかることがあり、医療機関の医師や被検者からそのような連絡がくることがあるそうだ。

 唾液検査は現在、全国約1300カ所の医療施設(医科・歯科)で実施されている。サリバテックによると、全国の大学とも連携し、がんデータを集めている。口腔(こうくう)がんは山形大学医学部、乳がんは慶應大学医学部、帝京大学医学部、大腸がんは東京医科大学、膵臓(すいぞう)がんは東京医科大学、杏林大学医学部、山梨大学医学部、東京女子医科大学、慶應大学医学部、肺がんは東京医科大学-などだという。

関連ニュース