記事詳細

【ベストセラー健康法】腸内の善玉菌を優位にする「73のスープ」 腸の健康状態チェックリスト (1/2ページ)

 ウイルス感染防止のため免疫力を上げることが重要なのはよく知られている。しかし、忘年会や初詣すら行きづらいストレスフルな生活の中、どう免疫力を高めればよいのか。ヒントは腸にあった。

 

 東京医科歯科大学名誉教授で免疫の専門医である藤田紘一郎氏は、81歳の今も現役の医師を続けている。大病はもとより、風邪ひとつひかないそうだ。

 そんな藤田氏も50代までは不摂生をしており、痛風や糖尿病も経験。一念発起して様々な食事法に取り組んだ。その一つが「腸を強くするスープ」。新著の『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』(ダイヤモンド社)では、自身が今も飲み続けるスープの魅力を紹介している。

 使用するのは、腸内環境を整える食材や調味料。実は、免疫細胞の7割は腸に存在している。そのため、腸が健康になれば免疫力が高まり、インフルエンザや新型コロナウイルスなどにかかりにくく、長生きできる身体を作れるという。

 腸にある善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌のうち免疫力をアップするのが善玉菌。日和見菌は善玉菌にも悪玉菌にもなりうる。その黄金比は善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%ほど。善玉菌を悪玉菌に比べて優位な状態にキープすることが健康づくりのカギになるそうだ。

 別項のチェックリストを見てみよう。これらの項目はすべて、腸の中で悪玉菌が優位になる要因であり、3個以上当てはまる場合は生活の改善が必要だという。

 善玉菌を優位な状態にするのに必要なのが、食物繊維や抗酸化成分を多く含む野菜、善玉菌のエサとなる発酵食品、腸のバリア機能を強化する短鎖脂肪酸など。スープなら、水に溶け出た食材の栄養素をまるごと吸収できる。また、温かいスープは血行を促進し、内臓の働きをアップすることにもつながるそうだ。

関連ニュース