記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】ごはんにもビールにも合う! 大分のソウルフード「とり天」レシピ (1/2ページ)

 ★絶品必食編

 以前、本稿でも取り上げた大分の「とり天」(もしくは「鶏天」。店によって表記が異なる)。

 発祥と言われる別府のレストランには定食メニューもあるし、酒のつまみや単品のおかずとして注文する人もいる。身近でとても使い勝手がよく、作るのもかんたん。

 なのに、現地以外ではなかなか食べる機会の少ないメニューだ。

 この冬は家族構成に関わらず、家で食事をしたり、お酒を飲んだりする機会が増えそう。そんなステイホームの一品としては、とり天は失敗なしに作りやすく、ごはんにもビールにもワインにも合いやすい、使い勝手のいいメニューでもある。

 拙著『大人の肉ドリル』(マガジンハウス)にも掲載した、とり天のレシピを紹介しておきたい。

 【材料】鶏もも肉200グラム▽しょうが(すりおろし)小さじ1▽にんにく(すりおろし)小さじ1/2▽めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2▽水大さじ1▽天ぷら粉1/2カップ▽冷水60ミリリットル▽サラダ油適量

 【作り方】(1)鶏もも肉は1センチ幅の拍子木に切る。すりおろしたにんにく、しょうがにめんつゆを加え、鶏もも肉にもみ込む。(2)天ぷら粉に冷水を加えて衣をつくり、(1)の鶏もも肉にしっかりからめる。(3)フライパンに深さ1センチ程度(種をいれたときに上半分程度が顔をのぞかせるくらい)のサラダ油を入れて、中火にかける。(2)の鶏肉をひとつずつ入れて、揚げ焼きにする。揚げ時間の目安は表2分、ひっくり返して裏1分。

関連ニュース