記事詳細

【人生100年時代 これから、どうする】高齢ドライバーの事故低減に必要なこと 安全運転サポート車の限定免許の創設検討も (1/2ページ)

 人生100年時代、高齢になっても車のハンドルを握り続けたい人(ハンドルを握らざるを得ない人)も少なくないだろう。

 内閣府の資料によれば、70歳以上の運転免許証保有者は2019年時点で1195万人であり、運転免許証保有者全体の14・5%を占めているという。高齢ドライバーは年々増え続けているのだ。

 だが、同時に75歳以上のドライバーの死亡事故も増えているのはいうまでもない。

 筆者は少々驚いたが、警察庁の調査によれば、75歳以上で死亡事故を起こした高齢ドライバーの約40%にあたる人が、認知機能検査で事前に「認知機能に問題あり」と判定されていたことも分かっているという。

 アクセルとブレーキの踏み間違えや、逆走、暴走など、運転の能力の低下が原因と思われる事故がその大半だろうが、75歳以上の高齢ドライバーには認知機能検査が義務付けられているにも関わらず、認知機能に問題がありと判断されている人がハンドルを握らざるを得ない環境にあることは何ともいえない。

 今や地方は過疎化が進み、公共交通機関の不備が底流にあるのではないかとも考えられるが、だからといってそういった地方で公共交通機関を充実させるということはそう簡単な問題でないだろう。

 とすると、やはり自動運転車など、より安全な車の普及に期待したいところだ。

 前述したように、高齢ドライバーの死亡事故の増加を踏まえて、来年からは高齢者を対象とした免許更新時の実車試験が新たに導入される予定とのことだが、これは違反や事故を起こした高齢ドライバーに課せられるもので、これに合格しないと、その先の認知機能検査には進めず、免許の更新ができなくなるという。

関連ニュース