記事詳細

【ここまできた男性不妊治療】不妊治療で男性が消極的になるワケ 検査で会社を休むのは難しく、婦人科受診にハードルも (1/2ページ)

 「不妊は夫婦で取り組むもの」という意識は、昔よりは浸透してきてはいる。しかし、いまでも一般的に女性よりも男性の方が、不妊検査や治療を受けることに抵抗を持つ傾向が強い。

 厚労省が行った調査(平成27年度)によると、精液検査を受けたタイミングの問いに対して、「女性の検査と同時期」が約42%だったが、「女性の検査が終わってから」の方が約47%と高い。また、精液検査の結果をどのようなかたちで聞いたのか、の問いには、「夫婦そろって聞いた」が約46%ある一方、「女性1人で聞いた」も約39%と高い。

 どうしてこのような温度差があるのか、男性が消極的になる要因はどのようなことが考えられるのか。東邦大学医療センター大森病院・リプロダクションセンター(泌尿器科)の永尾光一教授はこう話す。

 「男性は、不妊検査を理由に表立って会社を休むのは難しいと思います。それに女性も『仕事を休んでまで受診してもらうのは心苦しい』と遠慮するので、どうしても女性の検査が先行してしまうのでしょう。しかし、不妊の半数は男性にも原因があるので、『男性の自分には関係ない』という考えはあらためなくてはいけません」

 女性から精液検査を勧められた場合、女性患者ばかりいる婦人科に足を運んで精液採取をしなくてはいけないと思うので、これにも抵抗があるはずだ。しかし、男性不妊専門施設や専門外来のある施設では、AVなどが置いてある精液を採取する専用の個室(採精室)が用意されている。婦人科を受診するより、かなりハードルが下がるはずだ。

関連ニュース