記事詳細

つらい膝の痛み解消!話題の幹細胞治療による再生医療 BTRアーツ銀座クリニック・市橋正光院長に聞く (2/2ページ)

 そこで再生医療で症状が緩和できればと同クリニックの治療を受けた。幹細胞を投与してから1カ月後に話を聞いてみた。

 「会社の朝礼で立っているときに膝にゴキゴキとした違和感と痛みがあったが、治療を受けてからはかなり痛みが減少しました。1日の仕事を終えて帰るときには痛みが強く引きずるように歩いていましたが、今は仕事帰りでも普通に歩けるようになった。階段を下るときにはまだ痛みが少し残っていますが、上るのは非常に楽になりました」

 実際に治療を受けて、痛みから解放された人たちの喜びの声は毎回いずれも驚きとともにうれしさにあふれている。痛みを我慢し続けて症状がさらに悪化する前に、同クリニックの再生医療を検討してみる価値がありそうだ。同クリニックでは電話・メールによる無料相談を実施しているので問い合わせてはいかがだろうか。リーズナブルに治療を受けられるモニター制度もある。

 ■市橋正光(いちはし・まさみつ) 再生医療学会会員。1964年神戸医科大学卒業。70年神戸大学大学院医学研究科修了。72-74年ロンドン大学皮膚科学研究所留学。80年神戸大学医学部附属病院助教授。92年同教授。現在は名誉教授。2017年BTRアーツ銀座クリニック院長就任。無料カウンセリング相談は03・6228・5224、www.artsginzaclinic.comから。現在、特別価格にて施術が可能なモニター制度も実施中。当院では感染症対策を厳重に実施しております。ご来院にはマスクの着用をお願いいたします。

関連ニュース