記事詳細

【グルメ東西自慢】居酒屋使いもOKの安心感 東京・御徒町「炭火串焼 じんご」 多彩な「味」楽しませる工夫 大阪・北浜「居酒屋・イタリアン、ときどき燻製 ボンボネーラ」 (1/2ページ)

 かつてのイメージとは打って変わっておしゃれなグルメスポットに生まれ変わったJR御徒町駅の高架下。隣の秋葉原駅との間にショップや工房が集まる「ものづくりの街」ができ、ラーメン横丁やクラフトビール醸造所など。

 そんな高架下にあって、奇をてらわず実直に、炭火でおいしい串焼を焼き続ける店を今回は訪ねた。店内は再開発の後だけに真新しく奇麗だが、なぜか近所のなじみの店に来たような、落ち着いてくつろげる雰囲気がいい。

 まずは串焼(5本盛690円/8本盛1120円)をお願い。すべて店内で串打ちしているので安心安定の旨さ。だが、聞けば同店では串焼以外のものを頼む人が多いらしく、メニューも居酒屋並みに豊富。ということで、「海鮮刺三点盛」(580円/五点盛1080円)をはじめにしていろいろと。

 中でも、ここへ来たら頼むべきは低温調理された「白レバー刺」(480円)。これ目当てに通う人も多いというのも頷ける。比内地鶏の「もも焼」は2~3人でつまめるボリューム。

 店長が秋田出身なので「きりたんぽ鍋」(1人前950円)や「いぶりがっこ」(450円)などもある。酒も秋田の「稲波」で。串焼屋だけど居酒屋使いもできる良い店だ。今ならテークアウトもやっているのでこちらのご利用も。

 ■東京都台東区上野5の10の11 03・6284・2535 営業 月~金、祝前日16~翌0、土日祝14~23、無休。(自粛要請中は平日、土日祝すべて14~20で営業)

関連ニュース