記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】江東区で“不動”のツートップ! どちらも毎日食べたくなる「濃厚豚骨魚介」 (1/2ページ)

 日本最大のラーメン激選区・東京。毎月50軒前後の新店がオープンしており、人気店の入れ替わりも激しい。そんな中、江東区では15年間ツートップが続いている。瞬間風速では順位の入れ替わりもあったかもしれないが2021年2月1日現在、日本最大級のラーメン検索サイト『ラーメンデータベース』では「吉左右」(木場)が1位、「こうかいぼう」(門前仲町)が2位。有名グルメサイト『食べログ』の江東区ラーメンランキングでは「こうかいぼう」が1位、「吉左右」が2位、という具合だ。

 「こうかいぼう」は01年10月オープンなので今年で20周年を迎える。駅からは少し離れているが、オープンしてすぐに話題になり、行列ができる人気店になった。濃厚豚骨スープに魚介を合わせたWスープにやや太めのストレート麺という組合わせ。チャーシューは厚めでホロッと柔らかくおいしい。麺やスープを少しずつ変えてはいるようだがベースは同じ。永く愛された味だ。

 夫婦でやっており、店の味をこう紹介している。「とにかくらーめんが大好きで、毎日食べたい店主が、研究を重ね産みだした、この1杯。初めは、ちょっと優しすぎるかもしれませんが、食べ進むうちに深みに気付いて頂けるハズ。1日1杯のみそ汁の如く、栄養になりながらくせになる」うま味調味料などは使わずにそれでもしっかりおいしく、まさに毎日食べたくなるラーメン。

 そして奥さんの神接客が素晴らしく、都内で接客上位の店を挙げると片手に入る。ラーメン学校などで講師をさせてもらうときにはこの店に行って“接客を学ぶ”ことをお勧めしている。

関連ニュース