記事詳細

【グルメ東西自慢】シェフが作る夕食の総菜 東京・丸の内「GARB 東京」 良質豚肉のカリカリ餃子 大阪・淡路町「餃子屋本町ケンボロー」 (1/2ページ)

 東京丸の内仲通りの真ん中にある、イタリアンやスパニッシュ、フレンチベースの約50種類のアラカルトやカクテルを取りそろえた人気店が2形態事業を始めた。

 カウンター内にテークアウトスタンドとして昼からオープンするのが、おにぎり・カレースタンド『さわだ亭』(平日11時30分~LO16時30分)。夕方からが、総菜をメインとしたテークアウトバー『今夜のソウザイができるまで…』(17時~LO19時)。昼夜別メニューのグルメが楽しめる。

 さわだ亭のメニューは、唐揚げと豚汁が付く「おにぎりセット」(750円~)か、サラダチキンやウインナーなどからトッピングが選べる「コラーゲンカレー」(780円~)の2種類のみ。

 『今夜のソウザイ~』では、シェフが作る総菜ができあがるまでの時間をバーカウンターで、好きなドリンクを注文して飲みながら待つことができるのも魅力だ。

 写真中央は、ふわっとした食感に焼き上げた「シュネッケンソーセージ」(1400円)。豚ミンチと鶏レバーを混ぜ、湯煎のオーブンでしっとり焼き上げた「パテ・ド・カンパーニュ」(960円=上段中)。「三重県菰野町みえ黒毛和牛のマコすきコロッケ」(550円=中段右)など。Webや電話でも予約が可能となっている。夕飯のおともにおすすめだ。

 ■東京都千代田区丸の内2の2の3丸の内仲通りビル1F。東京メトロ千代田線二重橋前駅4番出口よりすぐ。03・5220・1030。営業11・30~LO19(コロナの状況により異なる)。無休。

関連ニュース