記事詳細

【ラズウェル細木の家呑みレシピ】深い味わいが芋の香りとマッチ! バゲットに乗せ、さらに際立つ「コンビーフシチュー」 (1/2ページ)

 コンビーフというと真っ先に缶詰が浮かびますが、もともとは加熱した牛肉を調味液に漬けた欧米の保存食で、それを缶詰にしたのが、われわれが日頃なじみのあるコンビーフです。

 専用の金具で缶の一部をくるくる巻き取って開ける台形の缶の印象が強いですが、最近、この風情のある缶が廃止になってプラ容器になってしまったのがまことに残念です。何とか復活させていただけないでしょうか。

 さて、コンビーフは、キャベツやジャガイモと炒めたりするなど、とても美味しい料理がお手軽に作れる便利な食材ですが、今回はコンビーフを使ったシチューをご紹介します。

 (1)フライパンに油を熱し、タマネギのスライスを炒める。 (2)鍋にタマネギを移し、赤ワインを加えて火にかけて、アルコールをとばす。 (3)水を加えてコンソメの素を投入。 (4)コンビーフとカットタイプのトマト水煮、半割りにしたマッシュルームを加えて、蓋をして煮込む。 (5)塩コショウで味を整えて完成。

関連ニュース