記事詳細

【グルメ東西自慢】肉餃子に気分は台湾屋台 東京・小伝馬町「番長餃子道」 トッピングでお好みの味へ 大阪・本町「油そばA」 (2/2ページ)

 大阪メトロ各線本町駅から中央大通りを東へ進んだ場所にある油そば専門店。

 まぜそば文化が浸透しつつある大阪では珍しく油そば1本勝負。試行錯誤のうえ完成した渾身の1杯を味わってほしい。

 醤油ベースの甘めのタレを使う油そばは、1杯400円~と普段使い価格だ。ツルッと気持ちのいいのど越しが楽しめる中太麺と、モチッとした食感の太麺の2種類を用意している。

 着丼したらすぐに混ぜて、麺とタレをしっかりと絡めるのが基本。麺がまんべんなくタレ色に染まってきたら、馴染んだ合図だ。まずはそのまま味わい、タイミングを見計らって卓上に用意されている酢やラー油、おろしにんにくや花椒辣醤などで、自分好みの味に仕上げたい。青ネギは自分で盛るスタイルなので、好みに合わせてトッピングしよう。

 イチオシは、「油そば全部のせ 太麺」(700円、写真)。味玉にチャーシュー、メンマと刻み玉ねぎと、すべてのトッピングを載せた贅沢な1杯。十分に腹が満たされるボリュームだが、物足りない場合は、おいめし(50円)を追加オーダーし、残ったタレに絡めてかきこみたい。

 オフィス街ゆえランチタイムは行列必至だが、回転率は高いので、わずかな待ち時間だけで済むのがありがたい。また、16時まで昼営業を行っているので、昼食のタイミングを逃した際にも重宝すること間違いないだろう。 

 ■大阪市中央区南本町2の6の8。06・4708・4120。月~金11~16、18~22。土日祝11~16。無休。

 ※新型コロナ対策で営業時間変更の可能性があります

関連ニュース