記事詳細

【ベストセラー健康法】「米ぬか」で痩せやすい体に! 食物繊維は白米のおよそ45倍 『腸スッキリ! 米ぬか毒だしダイエット』(アスコム刊) (1/2ページ)

 「痩せたいけれど、白いご飯はたっぷり食べたい」「玄米が体に良いのは分かっているけれど、味や食感が苦手」というワガママな人に朗報。精米の過程で取り除かれている「米ぬか」で、手軽にダイエットができるというのだ。

 

 そのダイエット法を紹介しているのが、『腸スッキリ! 米ぬか毒だしダイエット』(アスコム刊)。著者で内科医の石原新菜氏は、数々のベストセラーを持つ医師・石原結實氏の娘。現在は、父が院長を務めるイシハラクリニック(東京)で副院長として漢方薬処方を中心とした診療を行っている。

 米ぬか毒だしダイエットの方法はいたって簡単。「米ぬかパウダー」をご飯やおかずにかけて食べるだけ。米ぬかパウダーは、精製された食用の米ぬかをフライパンで乾煎りすれば簡単に作れる(別項参照)。

 手軽さに加え、食事制限をすることなく、これまでどおり好きなものを食べてもOKという点も見逃せない。

 では、なぜ米ぬかで痩せられるのか。秘密は、豊富な栄養素にある。たとえば米ぬかに含まれる食物繊維は白米のおよそ45倍。この食物繊維が余分な脂質や糖質を吸着し、体外に排出。便秘を解消し、腸内環境を整えて、痩せやすい体に導いてくれる。

 米ぬかには、食物繊維以外にもビタミンB1、ビタミンE、ミネラルなどがふんだんに含まれているため、代謝を高めて生活習慣病を予防する他、薄毛やシミ・シワの予防、脳の活性化にも役立つそうだ。

 刮目すべきは、その栄養の豊富さ。米ぬかパウダー大さじ1杯で、なんと玄米ごはん2膳分の栄養を摂取できるというから、玄米を食べるよりも効率が良い。著者が米ぬかパウダーを「天然のダイエットサプリ」だと評するのもうなずける。

関連ニュース