記事詳細

【グルメ東西自慢】九条ねぎに京都を感じろ 東京・日本橋「京のお好み焼ダイニング 天文」 低糖質の揚げ物やパスタも 大阪・高槻「ローカーボキッチン然-zen-」 (1/2ページ)

 店名だけでピンとくるる人もいるかもしれないが、京都の佐々木酒造(俳優の佐々木蔵之介さんの実家としても有名)のお酒「天文」(てんぶん)の名を冠したこちらは、京都出身で自称京都観光大使の店主を中心に京都の人脈や情報が集まる店。

 JR神田駅南口より徒歩約3分。京風お好み焼きが初めてならまず食べるべきは、これでもか! と驚くぐらいたっぷり九条ねぎを使う「京のねぎ焼」(800円、写真)。これは東京ではまず食べられない味だ。あっさり和風味が特徴のお好み焼きは「ミックス焼き」(1100円)、「豚玉」(700円)、「ねぎばっか豚玉」(900円)などが人気。客の目の前で焼き上げるパフォーマンスも楽しい。

 人気1位は「天文名物どて焼き」(400円)。あっさりだけでなく、こってりもある京の味の真髄。京都出身者が喜ぶのが、「京都丹波あじわい鶏」を使う「鶏もも焼」(700円)はじめ鉄板焼き各種。錦市場の鳥清から直接仕入れるあじわい鶏も京都が誇るブランドの1つだ。

 店主が元食肉メーカー勤務だったので生ハムやベーコン、イベリコ豚などドイツ風料理もあり、ビールのつまみも充実。お好み焼き肴に「天文」を筆頭に各種そろう京都の地酒を楽しむもよし、ドイツ風料理でビールもよし、色んな楽しみ方ができる。

 ■東京都中央区日本橋室町4の2の15金井ビル2F 03・5203・8091。営業15~23(緊急事態宣言による変更あり)。日祝休。

関連ニュース