記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】鶏そばの“食べるスープ”が個性的 滋賀県野洲市の人気店が駒込に移転「ラーメン奏」 (1/2ページ)

 私はラーメンと同様にJ-POPも好きで自分のパソコンに9200曲ほど入っている。それでもここ2年で1万8000曲からスリム化した。好きな歌はたくさんあるがスキマスイッチの「奏(かなで)」もその中の一曲。2004年発売のシングルだが最高位はそんなに上位ではないがゆっくり売れており、Billboard Japanの登場週数は167週でこれは歴代3位のスゴい記録。この曲は名曲だけあって38人(組)がカバーしており、私のiPhoneにも8組のカバーが入っている。最近だと阿部真央のカバーが秀逸でよく聞いている。

 そしてそんな店名のラーメン店がオープンしたので行ってみた。「ラーメン奏(かなで)」(東京・駒込)。本年2月5日、滋賀県野洲市の人気店(創業2016年)が駒込に移転オープン。野洲での閉店時は移転を惜しむ人たちで2時間半待ちの行列だったらしい。大阪の行列人気店「ラーメン人生JET」出身。店主公認で3番目の卒業生。

 看板メニューの「鶏そば」を注文。修業先に負けず劣らずの濃厚スープ。鶏ガラとモミジを大量に煮込んだらしいがスープ自体も濃厚な上に、細かい肉もたくさん含まれており、さしずめ「食べるスープ」。これは個性的でいい。都内にはあまりないタイプでたまらん。チャーシューはやや厚切りでうれしい。これが実においしく、次に来たときはチャーシュー増しだな、と心に誓う。メンマもなかなかのもの。

 麺は道産小麦を使った自家製中太麺。もっちりしていて濃厚なスープにも負けていない。スープ、麺、具、どれも素晴らしく、そりゃ別れを惜しんで2時間半待つかも、と思ったほど。もちろん完食完飲。今後は行列間違いなしだろう。

関連ニュース