記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】宮城県大崎市 東鳴子温泉百年ゆ宿「旅館大沼」の健康湯治食

 宮城県鳴子温泉郷は1200年の湯歴を持つ日本屈指の古湯で、奥州三名湯のひとつであり、東鳴子温泉は伊達藩統治時代には御殿湯も置かれた由緒ある保養温泉地。日本秘湯を守る会会員で、ミシュランガイド宮城掲載の宿、百年ゆ宿「旅館大沼」の泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩温泉と、ナトリウム-炭酸水素塩温泉の2種類。

 源泉掛け流しの庭園貸切露天「母里の湯」ほか「薬師千人風呂」「天女風呂」「石割の湯」「陰の湯「陽の湯」、床下を温泉が流れる「ふかし湯」「家族風呂」の8つ風呂があり、その内6つは貸切りもできる。素泊まりや、湯治(自炊、半自炊)、女性の一人旅にも対応してくれる。

 個性あふれる旅館大沼のこだわりは温泉以外にベジタリアン食、湯治客に人気の一汁五菜食、スタンダードな一汁七菜食などきめ細かい。朝食の一番人気で、宿自慢の「ありがとうなっとう」は、大崎産地大豆・くるみ豆を使用しており、大粒で香り高く、口の中でとろける。東鳴子の名湯と納豆菌で免疫力アップ。コロナを蹴散らそう!

 (一社)プレスマンユニオン理事/カリスマ温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■百年ゆ宿「旅館大沼」 宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34。0229・83・3052。平日1泊2食2人1室(本館トイレ付き)1万3200円~。※GoToトラベル取扱店。

関連ニュース