記事詳細

【あきらめない肝臓がん】酒を飲まない人は「NASH」を警戒せよ! 脂肪肝/NASHを予防・改善する7カ条 (1/2ページ)

 「喝采」(ちあきなおみ)や「北酒場」(細川たかし)で日本レコード大賞を受賞した作詞・作曲家の中村泰士さんが肝臓がんで昨年12月20日に亡くなった(享年81)。中村さんが最初に体調不良を訴えたのは亡くなる約3カ月前で、遠隔転移はなく抗がん剤治療を受け、経過は良好としていたが、発覚から死亡までの期間があまりにも短すぎるケースとして世間に衝撃を与えた。

 知らぬ間に進行することが多い肝臓がん。このような例はよく起こるのだろうか。

 「他の病院の紹介状を持って私のところに来る患者さんの大半は中等度の進行肝臓がんの人です。中には肝臓がんと診断された時点でかなり進行している人もいます」

 近畿大学医学部の工藤正俊主任教授(消化器内科学)はこのように解説する。

 がんの臓器別の死亡数では肝臓がんは男女計で5位にランク(2019年、人口動態統計)され、依然として多い。

 読者のみなさんは肝臓がんといえば、酒の飲みすぎを真っ先に思い浮かべるかもしれない。「飲みすぎで肝臓の細胞が壊れることにより線維化が進行し、肝硬変から肝臓がんになります。アルコール性の肝臓がんは肝臓がん全体の10%以下です」。

 連載2回目で紹介したようなC型ウイルス性肝炎由来の肝臓がんがあるが、その状況には変化がある。

 「近年、C型肝炎ウイルスに対する飲み薬の治療薬がいくつも登場し、ウイルス除去に大きな成績を上げています。B型肝炎ウイルスもありますが、これはそれほど多くありません。このためウイルス性肝炎から肝臓がんになる人は今後、大幅に減ると思われます」

 ただ、医学の劇的な進歩で治療薬はできたのに、別のリスク因子の登場も。食べすぎ・運動不足などを主因として、脂肪肝からNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)に発展し、肝臓がんを発症する患者が急増しているという。

関連ニュース