記事詳細

【グルメ東西自慢】ボート帰りに60年来の味を 東京・船堀「伊勢周」 全国のクラフトビールが待つ 大阪・心斎橋「スタンドうみねこ」 (1/2ページ)

 駅近の店が多い当欄では珍しく、駅から遠い(といっても徒歩15分ほどだが)こちらは、創業昭和37(1962)年、吉田類の酒場放浪記にも登場した老舗の大衆居酒屋。大衆という言葉に昭和を感じますな。

 都営新宿線・船堀駅を出て船堀街道を右(小岩方面)に進めば、通り沿いに現れる風格ある。建物は10年ほど前に建て替えてはいるが、それでも60余年の歴史が感じられるのは、親子3代に渡る家族経営のたまものか。ボートレース帰りにあわせた16時開店も昔のまま。

 お通しの「煮込み」は、あまりのうまさに単品400円を頼む人も多い同店名物の1つ。「元祖焼酎ハイボール」(450円)と合わせて、創業以来の味を堪能しよう。

 人気ナンバーワンは天ぷらで、1人では食べきれないほどボリューム満点の「天ぷら盛合せ」(850円、写真)。運がよければ今朝獲れの「はぜの天ぷら」(650円)も。あまり食べる機会がなかった「はぜ」がこんなにうまいのか! と驚いた。

 また、居酒屋ながらラーメンやチャーハン、焼きそばにオムライスなど和洋中さまざまなメニューがそろう中、アド街ック天国で取り上げられた「スパゲッティナポリタン」(900円)も大人気。これで〆る人も少なくないという。他にも「レバ刺風馬刺し」(600円)や「まぐろ2点盛」(650円)など名物多数だ。

 ■東京都江戸川区松江3の3の4 03・3651・6013 営業16~23(緊急事態宣言による変更あり)。木曜休。

関連ニュース