記事詳細

【板倉あつし 菜湯紀】長崎県壱岐市 湯本温泉「平山旅館」の無農薬野菜サラダと壱洲豆腐

 長崎県壱岐市は海産物の宝庫で麦焼酎発祥の地でもある島。日本秘湯を守る会会員、ミシュランガイド長崎掲載の宿、壱岐湯本温泉「平山旅館」の泉質はナトリウム-塩化物温泉で、加温加水循環濾過(ろか)のない正真正銘の源泉かけ流し。

 浸透圧が大きく、成分が皮膚から入りやすいため神経痛、リウマチ、皮膚病、切り傷などにも効果が高く深部体温が上がり免疫力もアップする。自粛休業の間に館内の襖・畳・木部を一新、コロナ対策も万全だ。

 朝食の名物は自家農園で大女将が無農薬栽培した、紫カラシ菜・わさび菜・ミックスレタス・サラダ春菊・クレソン・赤大根・紫大根・青長大根・紅芯大根・紅くるり大根・セロリ・紫ニンジン・ニンジン・パプリカ・坊ちゃん南瓜など、15種以上の生野菜をフラワーアレンジメントのように華やかに盛り付けた「女将の無農薬野菜サラダ」と、司馬遼太郎が「街道を行く」の中でも取り上げた、大陸伝来の巨大な豆腐「壱洲豆腐」。1丁1キロもあり、その固さと風味、深いコクが旅人を魅了する。 (一社)プレスマンユニオン理事/カリスマ温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■奥壱岐の千年湯「平山旅館」 長崎県壱岐市勝本町立石西触77番地。0920・43・0016。平日2人1室1泊2食14300円~。詳細はWEBで。※GoToトラベル取扱店。

関連ニュース