記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】塩コショウで際立つ豚ホルモン 焼き肉“北の聖地”北海道北見市 (1/2ページ)

 本欄で「対人口比焼き肉店数日本一」として長野県飯田市の焼肉事情を取り上げたことがある。だが、遙かなる北の大地にも飯田に伍する焼き肉の町がある。

 北海道北見市。玉ねぎの名産地として知られるこの町もまた、町を往けば焼き肉店に当たる“北の聖地”がある。

 飯田と共通するのは内臓肉として扱われる「サガリ」が定番の肉であり、他地方で「ハラミ」と呼ばれる部位もサガリに含まれること。

 さらに言うと2番人気は牛ではないことも共通する。飯田では羊(マトン)が定番だが、北見では豚ホルモンが庶民の味として定着している。

 味つけも独特だ。

 各店で独自に調合された“生ダレ”がある。さらに北見では塩コショウまで各店で独自のブレンドをしている。塩やコショウの素材にこだわる店あり、玉ねぎやにんにくのパウダー、ハーブなどを調合する店あり、店ごとにそれぞれの秘伝のレシピがあるという。

関連ニュース