記事詳細

【大崎裕史 麺喰いにつき】強豪店並ぶなか大ヒットした牛タンラーメン 「東京ラーメンショーセレクション 極み麺」 (1/2ページ)

 2020年3月、「東京ラーメンショー実行委員会」監修で『東京ラーメンショーセレクション 極み麺』が「楽園タウン池袋」にオープンした。これは2009年から11年連続で開催された日本最大級のラーメンイベント「東京ラーメンショー」で活躍した「ご当地ラーメン」を期間限定で紹介していく企画である。

 第1弾は「活龍」(つくば)、第2弾が3月末まで出店中の「本田商店」(久留米)、そして第3弾が4月中旬にオープン予定だ。そして首都圏第2弾として今年3月9日「南越谷ラクーン」1階にオープンした。記念すべき第1弾は東京ラーメンショーでは、アンコール出店も含めて5回参加し大活躍した「麺屋政宗」(仙台)。今や『仙台の』というよりも『世界の』と言ってもいいくらい世界中で活躍している。

 14年の初出店で注目を浴び、以降15年の台湾フードフェス、17年ニューヨークのラーメンコンテストで初出場初優勝の快挙! 続いてシンガポールの「Ramen Revolution 2017」では地元の多数のラーメン店と一緒に出店し、見事に連続優勝。さらにロシアに出店の際はテレビの密着ドキュメントでも紹介された。

 今ではロシア(サンクトペテルブルク、ヤクーツク)、カンボジア(プノンペン)、ベトナム(ホーチミン)、シンガポール、中国(上海)と多くの国に展開中。国内でも全国のラーメンイベントに引っ張りだこになり、日本中、そして世界中に「伊達の炙り牛タンネギ塩そば」を広めてきた。「世界に出す前に首都圏にも!」と、多くのファンから望まれていたが今回ようやく実現。

関連ニュース