記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】味付けは豆板醤を加えて中華風に! 「シャキシャキのモヤシ炒め」 (1/2ページ)

 みなさん、春ですね~。といっても気分はどんよりって感じの青島美幸です。

 待ちに待った春なのにね。

 時世に関わらずピンクの花なんかポコポコ咲かせて励ましてくれる桜を見ると逆に切なくなるってもんですよ。

 今年の春はお気の毒。

 「みんな元気出してぇ~」と言われてもな~と思ってしまいます。この「どんより」とした感じ。

 私、疲れてるのかな?

 あっ、そうかそうか季節の変わり目の影響ですね。きっと。

 あるいは花粉症性どんより症候群?

 朝食に炒めた「モヤシ炒め」のモヤシがびっくりするほどシャッキリしていて口の中でシャリシャリバリバリと食べ応え満点。

 「いやいや、モヤシまでそんなに私を励ましてくれなくてもよかばい」と思いながらもなんだか元気になれましたので皆さんにも元気のおすそ分け。

 というわけで今回は「シャキシャキのモヤシ炒め」です。

 味付けは豆板醤を加えて中華風にしました。

 シャキシャキしたモヤシにはピリ辛が良い味付けとなります。

 モヤシ炒めはタイミングが難しいですよね。

 ちょっと油断しているとクッタリしてしまう。シャキシャキっと仕上げることを目標とするならば長い時間炒めずに強い火力でササッと炒める感じです。

 でも、いつも失敗してしまうんです。

 この際、今回なぜこんなにもシャキシャキとしたモヤシ炒めを作ることが出来たのか検証してみようと思います。

 確かモヤシは火が通りやすいのであらかじめ入れるべき調味料をそばでスタンバイさせておきましたっけ。

 フライパンにオリーブオイルを引いてから強火でフライパンを熱しておいた記憶があります。そこに水で洗った後に水切りをしたモヤシを入れてジュジュ~~ッと。

 フライパン返しを繰り返した後にすかさず塩コショウそして豆板醤を少々。

 豆板醤が全体に馴染んだタイミングでお皿にサクっと乗せて出来上がりと言ったことをしたようです。

 元気のない方は是非このシャキシャキッとした「モヤシ炒め」をお楽しみくださいな。

関連ニュース