記事詳細

【暗黒大陸を照らす光 膵臓がん治療最前線】膵臓がん、血液採取で診断する「リキッドバイオプシー」 患者の負担軽減へ、治療後の再発予測・予後予測などを臨床研究 (1/2ページ)

 5回にわたって膵臓がん治療の最前線をみてきたが、治療にかかわってきた医師らが一様に声をそろえるのは、膵臓がん治療が一昔前に比べて様変わりしていることだ。日本屈指の膵臓がん手術数を誇る静岡がんセンター病院長の上坂克彦医師もその1人。「2000年代の初めは何をやっても上手くいかなかった。例えば手術しか治す方法がないと言いながら、5年生存率はたかだか10%でした」と振り返る。

 流れを変えたのは、術後の補助化学療法の進歩である。2007年からのゲムシタビンの術後投与で手術適応患者の5年生存率は20%を超え、そして2013年には、上坂医師が主導した臨床試験で術後化学療法としての有効性でTS-1がゲムシタビンをはるかにしのぐことがわかり、一気に40%台までに引き上げた。

 「今は切除可能症例でもまず術前に化学療法が行われており、その5年生存率はまだ出ていませんが、50%を超えることが予測されています。一般の方たちにはなかなか、膵臓がん治療の発展はわかりにくいと思いますが、治療に携わってきた立場からいえば今は別世界です」(上坂医師)

 一方、切除不能の膵臓がんを対象とした化学療法も進化しており、長期間、奏効して原発巣が縮小したり、転移巣が消えれば手術適応の可能性が出てきたのは、既報のとおりだ。

関連ニュース