記事詳細

【「70歳定年」どう生きるか】知力・体力保てる寿命「人生75年」 超えると、がん系か血管系どちらかの疾患に…50歳越えたら一度徹底検査を (1/2ページ)

 数年前から政府は、「人生100年時代」を提唱し、それに向けた取り組みを推進してきました。この4月から施行された「70歳就業法」も、そのひとつと言っていいでしょう。「これで仕事が続けられる」と喜ぶ声もありますが、勘違いとしか言いようがありません。なぜなら、人間60歳を過ぎれば、老化のスピードは早まり、日ごとに知力も体力も落ちていくからです。

 「70歳就業法」は俗称で、正式には「高年齢者雇用安定法」の改正です。では、高齢者とはどんな人を指すのでしょうか? 日本では法的に65歳を高齢者、75歳以上を後期高齢者としていますが、国連では60歳以上を高齢者として定義し、80歳以上を後期高齢者としています。いずれにしても70歳といえば、間違いなく高齢者であり、後期高齢者は目前なのです。

 政府は「人生100年時代」を提唱しますが、私は「人生75年」と思っています。75歳で寿命が来るということではなく、現代人はそこまではある程度、知力・体力も保てるということです。これは「健康寿命」が、男性が72・12歳、女性が74・79歳ということでわかるでしょう。

 多くの患者さんを診てきた経験から言うと、75歳を境にして急速に老化します。もちろん個人差はあります。ただ、多くの人が、75歳を超えると、なんらかの疾患に見舞われます。大別すると、がん系か血管系(脳疾患、心臓疾患)のどちらかです。

 私の場合は血管系で、意外と早くやって来ました。これまで私は、50代、60代、そして70代になってからと3回にわたり狭心症に見舞われ、冠動脈の手術を受けています。「老いての病は10年ごと」と言いますが、これは本当です。10年ごとの病を乗り越えた人が長生きをしています。

 70代の病を乗り越えれば80歳に、80代の病を乗り越えれば90歳にというわけです。

関連ニュース