記事詳細

【ベストセラー健康法】2万人のウンチから分かった腸内と寿命の関係 『「腸内細菌」が健康寿命を決める』(集英社インターナショナル) (1/3ページ)

 「健康のバロメーター」とも言われるウンチ。腸内の健康が病気や美容と深く関わっていることは、多くの人の知るところだが、実際にウンチからどんなことがわかるのか。ウンチと半世紀にわたって格闘してきた細菌学者による、ウンチに関する本が話題だ。

 『「腸内細菌」が健康寿命を決める』(集英社インターナショナル)の著者、辨野義己氏は、腸内細菌の研究を半世紀にわたって行ってきた細菌学者である。

 最新の研究では、2万人のウンチを集め、年齢や性別、排便状況、生活習慣、家族構成、地域などに分類。そうした膨大なデータベースによって、男女のウンチの違いや平均寿命と腸内環境の深い関係などがわかってきているという。

 本書では、子供の頃から獣医師を志していた原点や、獣医師になるための勉強を経て、「腸内細菌」にたどり着く意外な過程、ウンチを入手する大変な道のりなどが描かれている。

 たとえば、理化学研究所で腸内細菌の培養をする日々を過ごしたこと。ウンチを1万倍まで薄め、密度を下げてから細菌を取り出すという気の遠くなるような作業だった。

関連ニュース