記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】蔓延防止等重点措置は、緊急事態宣言「回避」の付け焼き刃 公衆衛生的に、市区町村を限定することには疑問 (2/2ページ)

 東京を例にとると、緊急事態宣言は東京都に出されましたが、今回の蔓延防止等重点措置は23区と八王子、立川、武蔵野、府中、調布、町田の6市だけが対象になっています。兵庫県でも神戸、西宮、尼崎、芦屋の4市だけを対象にしています。

 公衆衛生的な視点に立つと、市区町村を限定するということには疑問があります。

 実際に三鷹駅は北口が武蔵野市、南口が三鷹市なので、北口の居酒屋やレストランが蔓延防止等重点措置の対象になるため、対象外の南口の居酒屋やレストランは密になります。

 こうしたことを考えると、政府が緊急事態宣言を出したくないために新設された蔓延防止等重点措置は、公衆衛生的には“付け焼き刃”にしかみえません。政府にはもっと骨のある新型コロナウイルス対策を実施してほしいものです。

関連ニュース