記事詳細

【テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣】ホルモン減少が男性の更年期障害を引き起こす! まずはチェックリストで点数をつける (1/3ページ)

 男性にも更年期障害があるのをご存じですか。男性の更年期障害は、医学的にはLOH(ロー)症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)と言われます。別表のチェックリストをもとに、まずは点数をつけてみてください。

 男性の更年期障害は、主要な男性ホルモンである「テストステロン」の減少が主な原因で、体のほてりや発汗、うつなどの精神的症状も出現します。しかし、女性の更年期障害と比べるとまだ認知度は低く、閉経といったわかりやすい原因もないため、患者側にもこの病名に対する自覚がありません。

 男性更年期障害は多くが40代以降に発症しますが、時期には個人差があり、30代や70代で発症するケースもあります。発症期間もさまざまで、長期間にわたって苦しむ人もいます。初期には性機能に症状が出る場合が多いようです。

 テストステロンの減少は、男性更年期障害を引き起こして生活の質を落とすだけでなく、その人の老化を早める原因ともなります。では、減少を抑制して逆にテストステロンを増やすには、どうすればいいのでしょうか?

関連ニュース