記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】一人前から簡単調理「コーヒーゼリー」 (1/2ページ)

 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?  青島美幸です。

 今回の一品は「コーヒーゼリー」。

 これまでゼリーを作る際には6人前を一度に作っていました。

 でも今回発見したのです。ゼリーって1人前からでも作れちゃうんですね。

 知らなかったぁ~。私にとっては偶然だったのですが入れたてのコーヒーが余ってしまって、もったいなかったので「ものは試し」のつもりでコーヒーが熱いうちに粉ゼラチンを入れてクルクルかき回し、冷蔵庫に入れておいたらできていたんです。「コーヒーゼリー」。ラッキー。

 ところで、コーヒーって身体に良いの? 悪いの? どっち?

 子供にコーヒーを飲ませてはいけないって書いてあると子供に飲ませちゃいけないんならあたいだって飲んじゃいけないんじゃないの? と思ったり。

 そういう私は14歳の頃から喫茶店の常連でコーヒーを飲んでいたし。身体に「良い」という情報と「悪い」という情報が半々。

 結局どっちなんでしょうね。

 私の場合、子供時代の悪習が祟ったのか最近コーヒーを飲むとなんだか胸焼けがするんです。それなのにコーヒーを入れて飲んでしまうのです。

 「悪い」とわかっていてもやめられないのが人間の性ってもんなんですかね? 例えば「夜更かし」とか「お酒」とか。そういえば「肝臓の数値が高くてねぇ」と薬を飲みながらお酒を飲んでる人をよく見かけますもんね。

 そこが人間の可愛いところなのかもしれませんね。

 まさにスーダラ節ですよ。「わかっちゃいるけどやめられねぇ」ってね。

 でも、いくらやめられないほど好きなものでも、よその人から強要されたりしたら「嫌い」になりますよね。どうします? 二日酔いなのに「飲め飲め」って一升瓶抱えて追い回されたら、断りますよね。二日酔いなんだもの。

 もし、私がそういうことで「無理強い」されたり「強制」されたりしたらちゃんと「拒絶」します。飲むか飲まないか、すべて「自分」で決めたいですよね。「自己防衛」って大事ですもんね。

関連ニュース